海洋葬を行う時のメリット

海洋葬は遺族からの依頼で、故人の遺骨を細かく粉砕して粉のような形状にしたものをパックに入れて海に流す自然散骨のことです。


遺骨は粉にして流すので海水の中に溶けて混ざり合っていくので、遺骨が海の中にいつまでも残留しませんし、遺骨が入っているパックも水溶性のものを利用するのが基本になっていますからパックも跡形もなく消えてゴミになることがなく、海洋環境に与える負担もありません。



散骨する場所として選択可能な海は北から南まで全国の主要な海洋エリアから選択できます。

基本的には国内の海が主流ですが、日本人観光客の多いところなど、海外の海に散骨することができるプランがあるところもあります。

産経デジタルに関するサポートサイトはここです。

海洋葬が近年注目され出したのは、これを選択することで得られるメリットが明確だからです。


海洋葬を引き受けてくれる業者の数も全国に増えていますが、どこで頼んだ場合でも料金は低めに設定されており、多少価格設定に差があってもたいていの場合は5万円くらいしかかかりません。


経済的に厳しくてお葬式やお墓に使うお金の余裕がない場合や、今後の生活費や病気になった時の為の費用などを圧迫してしまうので少しでも安く弔いたい人に支持されています。


また、故人本人が自分がこの世から去った後でも、自分のことで残された家族を困らせたくない場合に生前に海洋葬を希望したり、海が好きだから自分の好きな場所で眠りたいなどの動機で生前に希望する場合も珍しくはありません。

海洋葬に関する情報収集をサポートします。